『REISE KARTE』by Tomotada Akai

Reise Karte #2 by Tomotada Akai

では早速潜入へ・・・
って、すげ〜並んでるよ。
こんなに並んでんの?並ぶのは、明日行くあそこだけかと思ってたよ。あまかった・・・
4月でもめちゃめちゃ寒いので、この時期に行く人は必ず防寒してクラブへ行って下さいね!!
さて気を取り直して並び始めると、
おやっ!?!?不思議な光景が。。
弾かれてる!!!
エントランスで弾かれてるよ!!!!
えっ!?聞いてないんですけど。
エントランスで弾かれんのって、あそこだけじゃないの!?!?
しかも2-3割は弾かれてんじゃん。。
や、やばい。
着いた当日でもあり、あたし、でかいリュック背負ってるし、完全にツーリスト丸出しだよ俺の格好。。
どんどん自分の順番が近づき、緊張ぱない。
しかも、私の2つ前の男5人組みが弾かれ。
私の目の前の2人組も弾かれた…….
ついにバウンサーとご対面。
【Hi!!】と声をかけて来たバウンサーは背の小さい可愛い女の子。
まさかこんなに可愛い女の子がガンガン、大男どもを弾いてるとはっっ!!!すげーな。
質問は単純。
何人?誰目当て?
だって。
楽勝!!!きっちりお目当のDJも下見済み。
当日PLAYする人達がリリースしてるレーベルもチェック済み、っていうか、この日はそのレーベル主催のパーティー!!
全部伝えましたよ。。
そしたら、【OK!・OK!・OKっ!!!】もう黙れと言わんばかりに、女の子めっちゃ笑顔。
中に入れ!!ってよ!!
やりました!!!完全にツアリスト丸出しファッションで行けました!!
やっぱ、日本でもそう!!
誰のPLAYを聴きに来たか、なんでそのパーティーに来たのか、箱を見学に来たのじゃなくて、その中身が大事なんですよ、きっと。それをTRESORもきっちり大事にしてるっていうことなんだろーな。。
もし、ここへ来る人がいたら
絶対に誰のPLAYを聴きに来たとか、このパティーがなんのパティーなのかはしっかり言えないと、中には入れませんよ!
【例のあそこ】ほど入場が厳しい訳ではないですが・・・

ついに中へ・・・
ええ、そうですよ。撮影一切禁止です。
写真はないので悪しからず。
あたしの文面から想像してください・・・

入って正面にトレゾアグッズを売っているスタッフがいて
その両サイドに便所。発電所の廃墟を箱にしただけあって、すでにインダストリアル感が尋常じゃない。
地震がよく起こる国 日本 では100%建築違反だろう。

もう雰囲気だけでテンションが上がる。

さっそく、ビール片手に上の階へ。途中に小部屋があり、
バーカウンターになっている。ちょっとのぞいてみると仕切られたソファーがあり、すでに仲睦まじい男性2組が愛を語らっていました。。(いやいや、まだオープンして2時間なんすけど・・・)

上へ上がると音としては少しハウスよりの心地よい音が。
うーん、agehaさんのアイランドフロアにちょっと似てるかも・・・

さて、この心地よい音を出してるDJさんは誰??と目を凝らしてみると・・・【Katsuya Sanoさん】そう!!
日本人ですよ!ここトレゾアで日本人ですよ!!
すごく誇らしくなりました。
しかも、選曲が渋い!!じわじわビルドアップする感じがもう最高でした!!!

さて、次はメインフロアへ・・

地下に降りたら、長いトンネルを抜けていきます。
完全に千葉の舞浜にある、あのLANDを彷彿させるほどの非日常感。まったく塗装されてない、ただの無機質なコンクリートの廊下。さすが廃墟。

トンネルを抜けると、はい、何も見えません。スモークとストロボで何も見えない。ただ人の群れが黙々と踊り狂ってる異世界。VJもレーザーもない。完全に音のみに特化してる。
ちょっと奥行くと少し広くなっていて、そこがメインフロア!

思ったより狭いかも。

正面に鉄格子があり、その奥にDJブースが!DJブース側から光が照らされていて、まるでDJに後光がさしたようになっています。

どんな音だったかは、もう表現できません。
【極楽】です。
ただ一つ言えるのが、音がめちゃめちゃでかい!!!久々にクラブの後に耳がピーってなってたよ。。日本でも昔のクラブ帰りって耳がピーってなるほど音でかかったですよね。。まさにそれ。

フロアで会話なんて全くできません。耳元で話しかけられても全くわかりません。もちろんフロアでナンパなんてしてるやついないし、できる状況ではない(全く会話できないほど音でかいし、全身全霊で踊りに全員が集中している)!!

音が全身当たって、体がビリビリ、お腹にもズンズンです。でも、ここが凄い!しっかりと音域を分けているためか、高音も中音もクリアに聴こえるんですねー!
さすがドイツの技術力。

ちなみにどのくらい音がでかいのかというと、
メインフロア横にバーがあるのだけど、そこのグラスはすぐ片付けないと、振動でグラスがどんどん動いて下に落ちてしまうのよ・・・・

約4時間ほど踊り狂ってから、次なる場所に向かってトレゾアを後にしました。ちなみにドイツ人は体力無尽蔵か??っと思うくらい、まだすごい人数がおどっていました(フロアはパンパン)。(AM5:30ですよ・・・)

いあー。。。来てよかった。っていうか死ぬまでに絶対行きたいと思っていたので、感極まった。最高。

続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です